まーさん&ユウタムCUP

安全対策について

大会当日、会場入り口で、検温を行います。会場は、十分なスペースを確保できるレイアウトで設計されています。当日は、万全な安全対策をとって大会の運営を行います。体調がすぐれない方は、無理せず、大事をとっていただき、体調が万全な方のみ大会に参加していただくようお願いいたします。

AI体温検知 i Face Scanner

会場入り口には、Fusion LLC.取扱いのAI体温検知 i Face Scannerを設置し、マスクの着用の確認、検温を行います。

※前日に開催される総合格闘技Owltech presents PANCRASE316 7.24スタジオコースト大会でも導入されます。

大会概要

  • 大会名称:『まーさん&ユウタムCUP』
  • 開催日時:2020年7月25日(土) 10:00
  • 開催場所:ソニックシティ国際会議室
  • 競技タイトル:「eFootball ウイニングイレブン 2020」
  • 参加者定員:16チーム(2on) ( 参加者が定員を超える場合、厳正な抽選を⾏います。)
  • 参加・観戦:無料
  • 競技形式:1チーム2名
  • 賞金:1位5万円 / 2位3万円 / 3位1万円
  • 予選エントリー期間:6月1日(水)~7月20日(月)23:59迄
  • 主催:TEAM HYDE / 公益財団法人埼玉県産業文化センター
  • 後援:GAMEクロス(朝日新聞社)   
  • 制作:Fusion LLC.

実況 馬人氏

配信チャンネル

配信チャンネル

YouTuber メッス氏

本大会の試合映像はチャンネル登録数15万を超える、人気ウイイレYouTuberメッス氏のメッスチャンネルで配信します。

会場

会場:埼玉県さいたま市大宮駅駅西口徒歩3分ソニックシティ国際会議室

大会ルール

大会ルール

エントリー:最大16チーム(2on)
エントリー方式 1チーム(2名)でのエントリーです。
参加資格
日本在住であること/ 大会当日に16歳以上であること
賞金:優勝 5万円 準優勝 3万円 3位 1万円

大会形式:4チーム以下のグループに分け予選リーグを行い、各リーグで1位のもので決勝トーナメント(ノックアウト方式)を行う。

予選リーグは、勝ち点(勝ち3、負け0、引き分け1の勝ち点を与え、点数の多いものから順位を決める)方式で順位を決める。
但し、勝ち点が同点だった場合、①得失点差の多い方、②総得点の多い方、③直接対決、の順で順位を決める。


使用機器:PlayStation4

ゲームタイトル:eFootball ウイニングイレブン 2020
使用モード:ローカルマッチ
プレイヤーサイド
①予選リーグ/リーグ表の上側のチームが1P側、下側のチームが2P側。
②決勝トーナメント:トーナメント表の左側(上側)のチームが1P側、右側(下側)のチームが2P側。
試合時間 ワンマッチ10分
延長・PK戦 予選リーグ: 延長なし・PKなし
決勝トーナメント: 延長あり・PKあり
選手交代人数 3人
コンディション 通常(黄色)
怪我 なし
ボールタイプ REGISTA
スタジアム コナミ・スタジアム
時間帯 夜
季節/天候 冬/晴れ
芝の長さ 普通

カメラ設定
カメラタイプ ダイナミックワイド

ズーム 2
高さ 2
サウンド設定
メニュー効果音 15
BGM 0
試合中 – 実況 0
試合中 – 歓声 15
試合中 – スタジアムアナウンス 15
試合中 – BGM 0
試合中 – フィールド音 15
試合中の画面表示設定
レーダー表示位置 下
選手名ボックス ON
レーダーアイコンカラー(HOME/AWAY) デフォルト
パワーゲージ ON
カーソル表示 ON
体力ゲージ OFF
タイム/スコア ON
カーソル選手名表示 ON
セットプレー操作ガイド ON
ゲームスピード設定
ゲームスピード 0
画面の明るさ設定
コントラスト 50
明るさ 50
使用可能チーム

特記事項
1. 試合前のフォーメーション等の設定は制限時間内に行う。

 制限時間内に完了できなかった場合は、制限時間終了時点の設定でプレイ
2. 試合開始前のデモ画面や試合中のリプレイ画面は、運営スタッフの指示により省略可能。(但し、3位決定戦・決勝戦を除く)
3.試合中のポーズは、ボールが外に出た場合のみ可能。

1試合1人3回までとします。)
4. 試合中のフォーメーション設定、選手交代は、制限時間内で変更可能

 制限時間内に設定が完了しない場合制限時間終了時点での設定でプレイ。
5.試合中のトラブルについて


 大会運営側の責任で試合続行が不可能となった場合、再試合とします。
 但し、途中経過のスコアは加味しません。

  参加者が原因で試合続行が不可能となった場合、過失の認められた

 者を反則負けとします。